ホワイトニング


歯のホワイトニング

歯の色が黄色い、汚れている、銀歯が目立っている、 などの悩みを解消する治療を行っています。
この治療により、見た目が良くなるだけでなく、虫歯や歯槽膿漏の予防という役割を果たす物もあります。
当医院では以下の2つのタイプのホワイトニングを行っております。

  • ホワイトニングには専用の薬剤を使用しますが、知覚過敏・虫歯・歯周病の方、または妊娠中の方・授乳中の方には使用できません。
    歯に塗布する薬剤は、虫歯や歯周病がある場合、痛みが生じます。基本的に体内に入り込んでも人体には害はないとされていますが、影響が出ないとも言えません。またお腹の中にいる赤ちゃんがいる場合や授乳期もホワイトニングの施術できません。
    自費診療となるため、費用がかかります。
オフィスブリーチング

医院内で、一歯ずつ行うホワイトニングです。 一本だけ色が濃い歯がある等、全体的に白くする必要の無い方におすすめです。 30分程で1回終了し、何回か受けていただくとより効果が実感できるでしょう。

ホームブリーチング

オフィスホワイトニングと同じ種類の薬剤を使いますが、低濃度の物を使ってご自宅で行います。 各自の歯型のトレーをつくり、 そこにホワイトニングのジェルを入れて使っていただきます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングといっても、3種類の方法があります!

① オフィスホワイトニング ¥39,800
② ホームホワイトニング  ¥40,000
③ デュアルホワイトニング ¥79,800

①オフィスホワイトニング  ¥39,800 1~3セット

歯科医院で高濃度の薬剤を使用するため即効性があります。本来の歯の色以上に漂白することができます。
見える範囲の歯のみ、ホワイトニングをすることができますので、奥歯の漂白は、することができません。

プロに任せて1日で歯を白くしたい方におすすめ。

【メリット】
自分でしないで済むので楽。
1日で効果が出る。
1歯だけなど、個々の歯ごとに対応が可能。
知覚過敏に速やかに対応してもらえる。

【デメリット】
歯科医院での受診時間が長い。
歯ぐきや頬の粘膜の保護のための準備が必要。
知覚過敏が起きる可能性がある。

②ホームホワイトニング¥40,000(上下マウスピース+ジェル2本)

pHが中性に近い薬剤で少しずつ白くしていくので、効果が現れるのもゆっくりです。

【メリット】
歯科医院での受診時間が短くて済む。
好きな時間にできる。
歯質強化を行うことが出来る。

【デメリット】
自分で管理しなければいけない。
効果が出るまで時間がかかる。
痛みが出てもその場で診てもらえない。
処置期間中、色の濃い飲食物の制限の必要がある。

歯質の強化について

歯が白くなるということは、メイクをしたりオシャレをしたりするのと似ていて、自分に自信を持つきっかけにもなります。
そんなホワイトニングですが、実は歯を白くする効果だけではなく、ある一定の条件下で使用することにより、虫歯の予防効果もあります!

歯の表面は、「ペリクル」という薄いたんぱく質の膜で覆われていて、通常、むし歯菌の出す酸や、飲食物に含まれる酸から歯を守ってくれています。
その反面、「ペリクル」には細菌がくっつきやすかったり、ペリクルがあることで再石灰化(=エナメル質の修復)が穏やかに行われると言われています。
その「ペリクル」、歯磨きでは除去することはできないのですが、ホワイトニングの薬剤により分解されて、一時的に除去することが可能です。

その時間を上手く利用すれば、普段緩やかである歯の再石灰化を促進することが可能となります。
ホワイトニングが終わった後、1度トレーを洗浄したら、そのトレーの中にフッ素配合ジェルを入れて、再度装着するだけです。
脱灰(=歯の成分が溶け出すこと)し掛けている歯に、効果的に浸透して、歯質強化に繋がります。
ホームホワイトニングの場合は歯質強化も同時にできます。

歯質の強化に使うジェル

MIペースト(ジーシー) ¥1,620

歯を白くことだけではなく、虫歯予防効果もあるホワイトニングをぜひ一度体験してみてください。

③デュアルホワイトニング¥79,800

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類を組み合わせることで、本来の歯よりもより白い歯に漂白することができます。

【メリット】
・短期間で確実にホワイトニング効果を感じられる
・ホワイトニング効果が長続きし、色戻りが起きにくい
・短期間にホワイトニングができ、歯質強化もすることが出来る歯質強化を行うことが出来る。

【デメリット】
・費用が高額になる
・知覚過敏が起きやすい